カタログギフトの情報が満載!

結婚式の引き出物で人気上昇中のカタログギフト

結婚式の引き出物で人気上昇中のカタログギフト 幸せな結婚式、参加する側も優しい気持ちになれる素敵な時間です。
そんな楽しい結婚式ですが、新郎新婦が用意してくれた引き出物のチョイスでちょっとガッカリした気分になってしまうことも。持ち帰りに困る重い食器のセットだったり、嵩張るランプだったり、趣味に合わない置時計だったり。
引き出物を用意する新郎新婦も個々の好みに合わせて引き出物を用意するなんてことは至難の業ですが、そんな時に便利なのが「カタログギフト」です。
これなら持ち帰りも楽々で、参加して下さったゲストの好みに応じた引き出物をチョイスすることが出来、引き出物がお蔵入りになってしまうことも防げます。
カタログギフトには多種多様な商品が掲載されていて、記念として形に残る物や消費してしまえる食品なども豊富に選択することが可能です。
個々の好みに合った引き出物をお渡しすることが出来るので、ゲストからの評価も抜群。これからの結婚式はカタログギフトでスマートに。

贈ったカタログギフトの期限切れ後の対応

披露宴の引き出物などでカタログギフトを利用しますが、このカタログギフトには利用期限があり、これを過ぎると資金決済法という法律により、その交換が出来ないことになりました。
感謝の気持ちを込めてのギフトなので、出来るなら渡した全ての人に何かと交換して欲しいのですが、それを過ぎてしまうこともしばしば。その解決方法について探りましょう。
カタログ会社によって対応は変わりますが、期限が近づくと、それを知らせる旨、交換していない人のリストを送ってくれるので、期限が迫っている人には連絡をして、期限内の交換をお願いして下さい。
選択に迷っている人や欲しい物が見付からない人には、日用品などの貰って困らない物をこちらで選んで送ってあげれば、支払ったカタログ代を無駄にせず、相手への感謝の気持ちもきちんと表わせます。
万が一、期限が切れてしまった場合、原則では交換できないことになっていますので、ダメ元にはなりますが、諦めず、同じアクションを起こして下さい。
この場合の対応も違いがありますが、希望の商品をそのまま送ってくれる、代わりとなる、同等レベルの期限が延長されたカタログを送ってくれる、代換え品としておまかせの洗剤セットなどを送ってくれる、などの対応が報告されています。
中には、法律を引き合いに断りを入れる会社もありますので、予め、期限後の対応について調べてから、利用するカタログ会社を決めるということも大切です。