カタログギフトの情報が満載!

カタログギフトはどんなシーンで使われている?

カタログギフトはどんなシーンで使われている? 頂いたお祝いのお返しには何が良いかと、とても悩むことがあります。
消耗品ならまだしも、残るものにしたいと思うと、差し上げる側と趣味の違いがあるとせっかくのプレゼントなのに喜んでもらえないという残念な結果になってしまうこともあります。
折角ならば、好みに合ったものを選んでいただくのが一番と、考え出されたのが、カタログギフトです。
カタログギフトならば、様々なシーンで役に立ちます。
例えば、お祝い事ならば、結婚の内祝い、出産の内祝い、住宅の新築の内祝い、病気回復後の快気祝いなどです。
弔事ならば。
香典返しとして利用できます。
また、季節のご挨拶のお中元やお歳暮に利用される場合もあります。
カタログギフトの良い点は、差し上げたいプレゼントの価格帯が何段階も用意されていて、頂いたお祝いなどの金額に合わせたカタログギフトを選ぶことができます。
選べる品物も豊富で、見ているだけでもとても楽しくなる内容です。
はがきや、インターネットで品物の受け取りを申し込め、貰う側は送料も要りません。
今一番欲しいものを選べるというのはとても嬉しいことです。

結婚式の引出物にはいくらのカタログギフトがオススメ?

結婚式の引き出物として、今ではカタログギフトが定番となってきています。
以前はお皿やカップなど、持ち帰るのが重かったりかさばったりする物が多かったのですが、軽くて自分の好きな商品を選べる、というのが人気のある理由です。
ただ、送る側にとって悩みの種がその値段設定です。
基本的に多いのが友人では3,000円、上司5,000~6,000円、親族5,000~10,000円程度といったところです。
その方との関係性にもよりますが、一般的にはこれらの値段設定を基本にされるのが良いかと思います。
このカタログギフトにプラスして引菓子や、遠方の方にはお車代、主賓や受付をしてくれた友人などには御礼を付ける人が多いです。
また、来てくれるゲストの家族構成や好みに合わせてカタログギフトの種類を変えるという人も多いです。
値段設定は以上ですが、値段だけにとらわれるのではなく、ゲストの顔を思い浮かべながら一生懸命選ぶというのが最も大切です。