カタログギフトの情報が満載!

カタログギフトの返信はがきの書き方

カタログギフトの返信はがきの書き方 カタログギフトの中には、返信はがきが一緒に入っていますが、書き方は確実に書かなければなりません。
せっかくのギフトでも、記入漏れなどの不備があるとギフトの到着が遅くなってしまう可能性もあります。
まず、返信はがきには、住所、氏名、電話番号だけではなく、カタログギフトを見て希望の商品名と商品番号を書かなければなりません。
この際には、第1希望、第2希望の商品名を書くカタログギフトもあります。
また、発送時期をカタログには書いているので、生鮮食品などは直ちに配送されない場合もあるので理解をしておきましょう。
返信はがきには、カタログギフトの贈り主のデータも番号化されています。
紛失しないように注意をしてカタログと一緒に保管しておくようにしましょう。
ただし、有効期限も設定されている場合も多いので、一定の期間内で返信はがきを使って商品を申し込んでおくのが賢明だと言えるのではないでしょうか。
せっかくのギフトであっても、投函を忘れてしまえば意味が無くなってしまいます。

カタログギフトの期限切れについて

以前は結婚式に行くと引き出物を貰い持って帰る事が普通でしたが、最近では結婚式の引き出物をカタログの中から選んでもらうカタログギフトにしているケースが多く、その他にも出産の内祝いにも利用されています。
1番のメリットは結婚式の式場から帰るときの荷物が減る事や出席された方が欲しい物を選んでもらえる利点があります。
しかしカタログギフトには注文期限がありますので、忙しかったり、ゆっくりと選んでいると注文期限が切れてしまったといったケースが出てきます。
一般的には約三ヶ月から一年くらいが期限となっており、過ぎてしまうとギフトへの交換ができなくなってしまい残念な結果になる事もありますので、あらかじめ注文用はがきなどをチェックすることが必要です。
ギフト会社によっては期限切れを知らせるはがきを送ってきたり、問い合わせに対応してくれたり、特定のギフトをおくってくれるなどの対応をしてくれる場合もありますので、とりあえずギフト会社に連絡することが必要となります。